グルメカフェ東海は「マスクなしでも入れる!ショップ応援サイト」を応援しています。#ノーマスク

さまざまな理由で「マスクができない・マスクをしない」お客に対して、マスクを強制しない飲食店やスーパーを応援しています。

「マスクなしでも入れる!ショップ応援サイト」について

マスクなしでも入れる!ショップ応援サイト https://www.nomaskshop.com/

過剰なマスク強要に疑問を抱いたことがある方は、ぜひ一読ください。

マスクを100%正しく使用していないなら、感染対策は無意味。


そもそもマスクは、症状のある人が正しくつけることで、広めるのを防ぐことができる可能性があるもの(不織布を100%正しく着用しても防ぐことはできません)です。症状がない人には不必要なものです。

マスクの側面(外面)は、飛沫やウイルスでいっぱいです。人は無意識にマスクに触れてしまっている場合があります。多くの人は、ズレたマスクを直すために触っています。外側を触った手で、スマホを触ったり、その手でコーヒーを飲んだりチョコを摘んでいたら意味がありません。

また、一度外したマスクの内側は、細菌やウイルスでいっぱいです。そのマスクをもう一度つけることでウイルスを吸い込んでいることになります。一度外したマスクは捨てて、新しいマスクをつけるのが正しい方法です。

接触感染ではなく空気感染(エアロゾル)

世界保健機関(WHO)や米国疾病対策センター(CDC)は,ウイルスを含んだエアロゾルの吸入についても感染経路だと明記しています。
参考)https://www.asahi.com/articles/ASP9S43DKP9JULBJ01X.html

マスクの網目の大きさ 10~100μm
スギ花粉 30μm
ウイルス飛沫 2.0μm
ウイルス(インフルエンザ、コロナ) 0.1μm

マスクでは防げないことが分かります。

調査期間中に家族がインフルエンザ様症状を示した割合は、マスク着用群は16.2%、コントロール群は15.8%で有意差はなく、マスク着用による感染予防効果は認められませんでした。N95マスク群で48名(22.9%)、サージカルマスク群で50名(23.6%)のインフルエンザ感染が生じ、マスクの種類による感染予防効果の差はみられなかったと報告されています。

https://www.yoshida-pharm.co.jp/infection-control/letter/letter128.html

不織布マスクの健康被害

不織布マスクの原料は、PET(ポリエチレンテフタレート)です。ペットボトルと同じプラスチック樹脂です。これは石油から作られたものです。化学繊維を吸い続けること、口呼吸を続けること、低酸素状態が続くことは、健康被害につながります。

マスク着用の習慣化による体の不調・変化に関する調査を実施。約半数がマスク生活のもたらす健康リスクを「何も知らない」一方、3人に1人がその症状を実感!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001473.000002360.html

低酸素および二酸化炭素貯留による弊害があり、口内フローラの乱れから免疫力が低下して余計に感染しやすくなる可能性があります。

http://kamakuracity.gijiroku.com/voices/GikaiDoc/attach/Nittei/Nt1531_nagashimagiinsiryou.pdf

口呼吸で顔が変形!「アデノイド顔貌」

マスクで顎関節症?

マスクをすると表情が相手に見えにくいので表情を作らなくなります。会話をする機会も少なくなり、声も出すときもあまり口を動かしません。マスクの下で、口やあごには知らないうちに力が入り、緊張状態です。この状態があごの負担になっています。

https://158town-dent.jp/eventa/item.cgi?pro&125

マスク酸素欠乏「子ども達を守ろう!」

昨年8月に米ブラウン大学が幼児期の知能、コミュニケーション能力など認知機能の発達を分析しました。それによると、新型コロナのパンデミック以前(2011〜2019年)に生まれた3か月〜3才の乳幼児の認知機能のテストの平均スコアを100とすると、パンデミック中(2020、2021年)に生まれた乳幼児の平均スコアは78だった。なんと、その成績は約20%も低下していたそうです。
またドイツの神経科医からも警鐘が鳴らされています。子供がマスクの着用を続けると慢性的な酸欠状態になるとして、酸欠の一時的な警告症状として頭痛や眠気、めまい、集中力の低下などが起こります。しかし、慢性的に酸素が少ない状態が続けば、人体はそれに慣れていくので、頭痛などの警告症状は消えます。とはいえ、脳の酸素不足は進行し続けます。
マスクによる障害として、頭痛(53.3%)、集中力低下(49.5%)、不快感(42.1%)、学習障害(38.0%)、眠気・疲れ(36.5%)が上位を占めた。また精神面でも以前と比べて、イライラするようになった(60.4%)、快活さが減った(49.3%)、園や学校への登校意欲減少(44.0%)との結果が出た。多くの子供はマスクを着用すると頭痛や集中力低下が生じて、精神面が不安定になり、学習意欲や登校意欲が低下したのだ。

https://adachijibika.com/column/%E3%80%8E-%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%EF%BD%9E%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%AE%E5%BC%8A%E5%AE%B3%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8A%E3%80%81%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E9%81%94%E3%82%92

あなたがおしゃべりしながら友達とランチをしている時、子供たちは給食で黙食をしています。

大人はいいけど子供はダメ。こんな不条理を子供に押し付けるのはやめませんか?責任を負いたくない一心で1番立場の弱い子どもを犠牲にする大人たち。怖いのは、ウイルスですか?人の目ですか?守りたいのは、健康ですか?体裁ですか?子どもたちに「顔の見える世界」を取り戻そう。大人から変えて行こう。さあ、マスクを外そう。

エリザベス🌞4人の子どもを守りたい母🌈

幼児の訴え

https://twitter.com/MH893gTZ7auQPE5/status/1489540996052680707?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1489540996052680707%7Ctwgr%5E8843ff83a85cc7c3a86760088e0d7eca5b0758a9%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=http%3A%2F%2Fcafetokai.com%2Fwp-admin%2Fpost.php%3Fpost%3D25123action%3Dedit

子ども記者会見

学生たちの心の叫び

カロリーメイト web movie | 「入学から、この世界だった僕たちへ。」篇 (Full Ver.)

不織布マスクの環境汚染

海に不織布マスクなどの「コロナゴミ」が加わり、地球を汚染しています。毎年100万以上の海鳥と、10万匹にのぼる海洋哺乳動物やウミガメが、海に流れ出たプラスチックを食べて死亡している現実があります。

世界のマスク事情

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が宣言されて2年半あまりがたち、海外ではいまや「ノーマスク」が当たり前と聞く。ところが日本では今夏の「第7波」で引き続きマスクの着用が求められた一方、感染者数が世界最多なんだとか。ちゃんとマスクをしているのに、一体なぜ?
9月27日に行われた安倍晋三元首相の国葬で、政府は海外からの要人も含めて参列者にマスク着用を求めた。あくまで日本国内の「ルール」に沿った対応だったが、これがちょっとした話題になった。その8日前に実施された英国のエリザベス女王の国葬では、日本から参列された天皇、皇后両陛下をはじめ大半の人がノーマスクだったからだ。図らずも同時期に行われた二つの国葬が、彼我の差を浮き彫りにした形である。

https://mainichi.jp/articles/20221003/dde/012/040/009000c

UAEではこれまで、屋内公共施設でのマスク着用を義務付けていたが、28日から医療施設とモスクを除いて着用が不要となった。中東各国では、トルコで4月27日(2022年5月2日記事参照)、サウジアラビアでは6月13日(2022年6月14日記事参照)に屋内外でのマスク着用義務をおおむね解除したが、UAEでは依然として規制が残っていた。

https://www.jetro.go.jp/biznews/2022/09/7cff388f92207c8c.html

国民の雰囲気はもう完全に「コロナは終わり」。去年まで2年間見送られてきた例年行事はどれもギュウギュウの人だかり、職場は夏のバカンスの話題で持ちきり。そしてここが今日お話ししたいところなのだが、どんなに3密になる屋内イベントだろうが「だれもマスクをしていない」。
オランダは日本と真逆で、「おそらくこのパンデミック中、世界で最もマスクをしなかった国(少なくとも先進国中で)」と言われてきた。結局、オフィスや教室でのマスク着用が義務になったことは一度もなかった。

https://ampmedia.jp/2022/07/24/face-mask/

アメリカ航空
米国に入国する旅行者は、出発前のCOVID-19検査が不要になりました。公共交通機関の屋内環境でのマスク着用を推奨していますが、空港や機内での着用義務はありません。ただし、各管轄区域で義務付けられている場合を除きます。

https://www.aa.com/i18n/travel-info/coronavirus-updates.jsp?locale=ja_JP

カフェが大好きだからこそ、考えて調べて行動しています。

私は本当にカフェが大好きで、カフェが無くなったりカフェに行けなくなったりしたら、人生の幸福度が確実に下がる。大前提にカフェの大ファンです。だからこそお店を応援しているし、コロナ初期にはテイクアウト応援活動もしていました。

お店側もお客側も、どちらか一方が虐げられることなく、共存できないか。考えて考えて考えて、そんなときに「マスクなしでも入れる!ショップ応援サイト」に出会いました。そして、コラムなんかを執筆することにしました。

私は1年前まではマスクを信じていたし、情報が出揃っていないなかでは色々なことを判断することができずにいました。しかしここ1年ずっと疑問に思っていた感染対策について、ようやくデータと状況証拠が出揃い、私の中で決断できました。
一人ひとりが当事者です。誰かのせいにはしない、個人で考え選択することが大切です。

どちらかを「悪」にすることはないし、マスクするのもしないのも自由(任意)。そもそも、「マスクしないことは悪」だと思っている人がわざわざ外食するかな?密室でマスク外すかな?友達と会話しながら食事するかな?実はもう気付いてるんじゃないのかな。

マスクで入店しテーブルではノーマスク。喋り倒してマスクして退店。。本来逆ではないでしょうか?注意してる人を見たことないし注意されたこともありません。これは誰が作り上げたルールですか?側だけそれっぽくしておければOKな感染対策ってなんでしょうか。周りの目を気にせず、忖度マスクを外す意思を持ってください。

2022年10月、ついに「屋外ではマスク着用は原則不要」と発表されました。また、屋内であっても会話が発生しないならマスク不要とかかれています。

これにより、様々な過剰な感染対策の見直しが行われはじめました。屋内、飲食店でも不要になる日も近いです。

  • 2022/1 イギリス マスク着用撤廃
  • 2022/2 フランス 美術館•飲食店撤廃
  • 2022/3 アメリカ マスク着用撤廃

ふと立ち止まって考えよう?共有しよう!


ふと立ち止まって、ちょっとずつ「おかしいぞ?」と思うこと、疑問に感じること、「本当にそうか?」疑うこと。子供は黙食・大人は飲み会、マスクで運動会、小さい子の訴え、たった一つの動画が心に突き刺さったら。
マスクを始めとし、感染対策において、政府や政治において、食育、薬、環境問題、いろんな分野のこと、一緒に考えてくれる人がいたら心強い!ぜひ共有したいです♪

▼ 読んでよかったなと思った本

コロナワクチン 今こそ子どもを守れ! 内海 聡

Copyrighted Image